気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

嫌われ芸能人で有名な江頭2:50、実はめちゃめちゃいい人だった!

      2017/01/09

感動エピソード PART 1

テレビのロケをしていた江頭にサインを頼んだら、マジックのインクが切れていてきれいに書けなくて、そうこうしているうちに江頭が呼び戻された。
ロケが終わった後、プロデューサーが来て、1枚の色紙が渡された。

その色紙には、なんとめちゃイケのレギュラー全員のサインがあった。

江頭がみんなに頼んでもらったらしいのだが、色紙には江頭のサインがなくて、その理由は

「自分が書くと価値が下がるから」

らしい。

その色紙が ↘
江頭1

感動エピソード PART 2

江頭がとある公園でロケをしていると、公園のとなりにある病院から抜けだしてきた車椅子の女子がロケを見ていた。
ロケが終わり、その女の子が江頭に「つまらねーの」
それを耳にした江頭「お前もう一度いってみろ!」

女の子「だって全然おもしろくないんだもん」
江頭「お前が笑うまで毎日ここでネタを見せてやろうか!」

そして、断言通り毎日公園に行っては車椅子の女の子にネタを見せつづけた。

1ヶ月が過ぎた時、毎日のように公園に散歩に来ていた女の子が突然来なくなった。
そして1週間後に女の子がふと現れた。

江頭はすかさずかけより、いつものくだらないネタを見せた。
いつもは全く笑ってくれない女の子が、初めて少し笑ってくれた。

次の日、女の子は公園に訪れなかった。
江頭は隣の病院にいき、車椅子の女の子を探した。
担当の看護婦から、急に容態が悪化していて、今朝他の病院に運ばれ昏睡状態であると知らされた。
そして看護婦から女の子が書いていた日記が渡された。そこには、

「大好きな芸人、江頭」

と書かれていた。

10年後、今でも月に一度その公園に行っては花をたむけ一人でネタを披露するそうだ。

江頭2

引用元:エンタメウォッチ
http://entame-watch.com/

良いエピソードと悪いエピソード

・良いエピソード
「サンタさん」
水道橋博士のビデオで、クリスマスに江頭2:50は上半身裸のサンタの格好をして、子供達にプレゼントを配って、子供達と一緒に遊んでいるのが放送された。
江頭2:50は自主的に、5年以上前から、毎年子供達の欲しい物をリサーチして、クリスマスになると上半身裸のサンタの格好をして、子供達にプレゼントをあげている。その子供達とっては本当のサンタクロースは、上半身が裸のエガサンタである。

江頭2:50が福島に救援物資を届けたことは記憶に新しいですが、
2004年震度7の新潟中越地震の時も、同様に新潟に救援物資を届けています。
他にもジェンキンスさんに会いに佐渡島にいったり
2009年のWBCの準決勝と決勝の応援にいったり
2008年の北京五輪の吉田選手を応援にいったり
ランドセルを届けにユンピョン島にいったり
平壌でやっていた金正日花展で「横田めぐみさんいますかーー!?」と叫んだりなど
他の芸人ではできないことを全部自腹でやっています

いいエピソードとは言わないかもしれませんが…
大阪ローカルの深夜番組で、たかじんが江頭に彼女を募集して、江頭好きの女の子が数名来た。中でも1人はかなりカワイイ子で、たかじんは「この子ええやんけ、江頭今日大阪泊まりやろ!」とくっつけようとしていた。そのまま番組途中で、江頭と彼女は画面から消えた数日後…たかじん「あの女とは美味いこといってるのか?」と聞くと、
江頭「いえ」
たかじん「なんで?やり逃げかw」
江頭「いえ何もしてません」
たかじん「なんでやねん!あんなカワイイ子」
江頭「いや・・・俺、彼女作ると色々考えてしまうんですよ。彼女の事考えたら、幸せに出来ないんですよ。だって俺の彼女ってだけでなんか可哀想で…俺も芸風変わってしまうかもしれないし…俺、このままでいいんですよ。俺は自分の事で世間から笑いものでいいんですよ。俺が笑いものになることで日本のイジメ問題や落ち込んだ奴達が少しでも元気になれば、俺はブラウン管の中のピエロでいいっすよ…」
たかじん「お前…キャラ変わってるぞw」
江頭「あーここカットしてもらえませんかw?」

お笑いに人生を掛けているところが好きです。

・悪いエピソード
全部ギャグなんで、どう捉えるかの問題ですが、
「鮭フェラ伝説」
『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』に大川豊のバーターで出演。江頭はメスの鮭のつかみ取りに参加した。鮭の川上りに対抗して、全裸で川上りを行い、それでも満足できなかったがため、生きた鮭に自分の性器を咥えさせた。鮭にジュポジュポとフェラチオをさせた。東京スポーツの一面でも報じられた

「巨大ダンプカーでベンツ破壊事件」
「浅ヤン」巨大ダンプカーの免許にチャレンジする企画があり、最終テストで駐車してある教官のベンツの真横にバックで駐車することに挑戦したが、結果は大失敗。教官のベンツは大破。教官は大激怒し、ロケはその場で中止。後日教官に500万円以上の損害賠償金を請求される。

「全裸革命」
『さんまのナンでもダービー』春スペシャルで、「俺は今夜、革命を起こす!」と宣言した江頭は全裸になった。放送時は局部に映像処理がされていたが、スタジオでは大型モニターに江頭の股間、肛門がそのまま映し出され、大勢の観客や芸能人の悲鳴を浴びる騒ぎとなった。

「性器露出事件」
子供番組『ポンキッキーズ』イベント会場でのロケが行われた際、同番組のキャラクター・Pちゃんを模した「Eちゃん」の着ぐるみで登場した江頭は、山本圭一とFolder(後のFolder5)とのダンス対決の最中、突如性器を露出。会場には約6000人にものぼる一般の子供たちが居合わせており、露出の際にすぐさま映像は伏せられたが、 BGMのシングに合わせてFolderのけたたましい悲鳴などが放送され、その後には茫然自失となった子供の姿が映し出された。

「パナウェーブ潜入」
パナウェーブとは渦巻き型のシールを貼った白いワゴン車を、何台も連ねて日本を徘徊した集団。
その代表の茅野代表は、その白いワゴン車の中にずっと住んでいて、協賛ゲリラのスカラー波を浴びて病気になった。江頭は仕事でもなんでもなく会うために、パナウェーブ研究所に行ったが、公安、地元の警察、市役所の人間がおり、入れてもらえなかった、江頭は帰るふりして、あらかじめ用意しておいたパナウェーブの人と同じ服を自作しており変装して、自作の渦巻状のシールをレンタカーの白いワゴン車に貼り、そのまま運転していくと、公安、地元の警察、市役所の人間が通してくれて、中に潜入できたが、中で「パナウェーブ!!」「スカラー波!!」と叫びながら踊ると、10人ぐらいに取り押さえられた。

引用元:知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1263919057

江頭2:50さんのエピソードを読んでいたら涙が出てきました。一般のいい人ではなくて神がかったいい人だと思いました。人の幸せが自分の幸せなんですね。素敵な人だと思いました。応援したくなりました。

 - 気になるニュース