気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

いますぐ財布の中を探せ!価値ある硬貨

   

発行枚数が少ないため、価値がある硬貨

 ・1円硬貨 =平成13年=50円
 ・5円硬貨 =昭和32年=400~500円
 ・10円硬貨 =昭和33年=100~200円
 ・50円硬貨 =昭和62年=8,000円(激レア)
 ・100円硬貨=平成13年=300円~700円
 ・500円硬貨=昭和62年=1000円

<1円硬貨>
1円
平成13年に発行された枚数が802.4万枚と一番少ないため50円の価値があるとされているそうです。

<5円硬貨>
5円
昭和32年に発行された5円硬貨は400~500円
完全未使用品が15,000円もするそうです。

<10円硬貨>
10円
昭和33年に発行された10円硬貨は100~200円
発行数が2,500万枚と少ないためです。こちらもギザ10の中では価値のあるものです。

<50円硬貨>
50円
昭和62年に発行された50円硬貨は8,000円~
昭和62年の50円玉は、すべて造幣局販売の貨幣セット(ミントセット)に組み込まれていて、一般には流通していません。ただし、稀に貨幣セットを崩して使っている人もいるため、釣り銭でもらう可能性があるという程度です。発行枚数は77万5,000枚です。

<100円硬貨>
100円
平成13年に発行された100円硬貨=300円~700円
平成13年に発行された枚数が802.4万枚と一番少ないため300円~700円の価値があるとされているそうです。

<500円硬貨>
500円
昭和62年の500円硬貨=1000円
発行された枚数が277.5万枚と少ないため。
昭和64年の500円硬貨=600~800円
発行された枚数が1604.2万枚と少ないため。
昭和64年は7日間しかなかったが、昭和64年銘の硬貨は同年3月頃まで製造されたため、発行枚数は他の年号に比べて比較的少ない程度である。

硬貨の状態などで価格は変動しますので、この記事の各硬貨の価値はあくまで一例です。

引用元:NAVWEまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133298711092377201

気がついた時によけておけば、何百円くらいでも貯まれば結構なお金になるかも。

 - 情報, 気になるニュース