気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

綾瀬はるかでさえ低視聴率の今のテレビ業界

   

今クールの連続ドラマで、まさかの低視聴率にあえでいるのが『わたしを離さないで』(TBS系)だ。綾瀬はるからを起用し期待度の高い作品のひとつだったが、ふたをあけてみれば、4回の平均視聴率が6.8 %と低迷。これは午後9時、10時台の連ドラでは最低の平均視聴率だ。いったいなぜか? 毎クール全てのドラマをチェックしているテレビ解説者の木村隆志さんが分析する。

『わたしを離さないで』は、TBSの意欲作というだけでなく、今期の目玉作品の1つ。キャストに綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんの実質トリプル主演を配したほか、「ノーベル賞に近い」と言われるカズオ・イシグロさんの原作小説を、『JIN-仁-』『とんび』『天皇の料理番』などの実績を持つ森下佳子さんが脚本化するなど、最高クラスの布陣で臨んでいます。

 しかし、仕事疲れがたまり、癒しを求める視聴者が多い金曜の夜と、「臓器提供」「クローン」という重く暗すぎる題材のミスマッチ感は否めません。放送前の時点で「このドラマは共感できない」と心のシャッターを下ろしてしまった。あるいは、1話冒頭の臓器移植手術や人体焼却シーンに拒絶反応を起こした人は多かったのではないでしょうか。

 近年『金曜ドラマ』は、「イヤミス(嫌な気分になるけど癖になるミステリー)の女王」と呼ばれる湊かなえさんの『夜行観覧車』『Nのために』をはじめ、『アリスの棘』『家族狩り』などの重く暗い作品を放送してきました。しかし、今作はそれらを遥かに超える絶望感で支配されているため、この結果はある程度仕方がないのかもしれません。

 また、「臓器提供」は、同じ『金曜ドラマ』で2年前に放送された『アリスの棘』、1年前に放送された『ウロボロス』でも扱われた題材。それだけにドラマファンの間では、「この時間帯は臓器提供ばかり」と敬遠されてしまったところもあります。

引用元:NEWSポストセブン
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160213-00000010-pseven-ent&p=2

井上真央さんといい綾瀬はるかさんといい、かつては視聴率女優を使っても今は視聴率がとれなくなってしまったテレビ業界ですが、やはり脚本と時代のマッチが必要なんでしょうか?

暗い番組より明るい番組を望んでいるのか、現実に起こっているような内容のドキュメンタリーっぽいものを望んでいるのかテレビ局側も世論に目を向けないと視聴率をとるのは難しいですね。

今だと、有名人が薬物依存に陥った過程などを題材にしたドラマだと視聴率がとれるのですかね?

 - 気になるニュース