気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

キムタクの実家を一家離散にしたのは工藤静香?

   

SMAP独立騒動の裏切りで、いまやすっかり”ジャニーズの母”メリー喜多川副社長のお気に入りとなったキムタクだが、ここにきて、本当の両親との関係悪化がクローズアップされている。

 ジャニーズタブーのない、数少ないメディアのひとつである「週刊女性」(主婦と生活社)3月29日号が、20年間暮らした木村の実家が売りに出されていることを報じた上で、木村家が事実上の離散状態にあると書きたてたのだ。

「キムタクの両親はもう長いこと別居生活を送っています。母のまさ子さんは都内マンションに居を移し、そこから食育の講演で全国各地を回るなど精力的な活動を続けています。そして父の秀夫さんも別の戸建てに移り住み、盆栽などを扱う和風カフェをオープンさせています」(「週刊女性」に掲載された写真誌カメラマンのコメント)

 さらに、長男のキムタクも両親とほとんど顔をあわせることがなくなり、絶縁に近い状態だという。

 たしかに、キムタクと両親の関係が悪化しているという情報は以前から流れていた。昨年5月には、キムタクの父親である秀夫さんが「フライデー」(講談社)の取材に応じ、息子をこうこき下ろして話題になった。 

「彼に落ちるところまで落ちて欲しい。そしてもう一回、ドン底から這い上がってきたら本物だよ」「42歳にもなって、いつまでもキムタクのままではいられないだろうから。俺は飽きた(笑)」

 こうした”一家離散””親子絶縁”の一つの原因は、母親がスピリチュアルにハマったためという見方が根強いが、一方で見逃せないのが工藤静香の存在だ。

 実際、工藤静香と結婚するまでは、キムタクは実家の両親や兄弟と非常に円満な関係を保っていた。一時は父親を社長にして独立しようとしたこともあるし、ジャニーズと交渉して父親が社長の個人事務所から写真集を出版したこともある。

 また、最近、両親がキムタクの名前を出すことに、キムタクが嫌がっているという報道があったが、以前のキムタクはそういう素振りは見せなかった。

 両親は当時、イタリアンレストランを経営していたが、キムタクの愛犬の名前「ボニータ」を店名にし、キムタクに関連する雑貨を堂々と売っていた。キムタク自身もしょっちゅう実家に帰っていたという。

「キムタクは静香と結婚する以前、”かおりん”という女性と付き合っていましたが、彼女もこのイタリアンレストランを手伝ったりしていて、本当に仲のいい家族という印象でした」(女性週刊誌ジャニーズ担当記者)

 ところが、静香と付き合い始めて以降、この関係が一気に変わった。交際してまもなく、キムタクは静香の実家にマスオさん状態で住み始め、自分の実家にはまったく帰らなくなった。

「きっかけは母親のまさ子さんが静香との結婚を強硬に反対したからだと聞いています。まさ子さんは前の彼女のかおりんのことをすごく気に入っていて、家族同然に考えていたので、ショックだったんじゃないかと言われています。まさ子さんがスピリチュアルに走ったのも静香と結婚してからのことですから、ある意味、静香が木村家の一家離散のきっかけをつくったとも言える」(前出・女性週刊誌J担当記者)

 これについては嫁姑の関係なので、どちらが良い悪いの話ではないが、少なくとも、静香がキムタクを大きく変えたというのは事実だ。

引用元:LITERA(リテラ)
http://news.livedoor.com/article/detail/11319810/

良妻の条件には、配偶者の親も大事にすることが入っっていると思います。

この点からみても工藤静香さんは悪妻だと思います。

キムタクは洗脳されてるような気がします。早く我にもどってほしいです。





スポンサードリンク




 - 気になるニュース