気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

風間トオルは自分を捨てた父親の生活支援していた

   

父母に捨てられて極貧の幼少期を過ごした俳優の風間トオル(53)が、自分を捨てた父親が今になって支援を求めてくることを6日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月-金曜、前9時50分)の取材に対して明かした。

 風間の両親は5歳のころに離婚、風間は父親の方に引き取られた。祖父母が同居していたが、父親は「いつの間にかいなくなっちゃった」。風間は以後、祖父母に育てられた。

 年金暮らしの祖父母は貧しく、風間は河原の草を採ってきて食べるなど、極貧生活を強いられた。

中学校へ進学する前には父親の家を訪ねたこともあったが、「もうそろそろ遅いから帰れ」と言われ、同居することはなかった。

 やがて風間は高校を卒業し、モデル業を経て俳優に。その頃、風間が出演している舞台を父親が訪ねてきて、差し入れをしてくれたが、楽屋へは顔を出さなかったという。

 その後も父親は風間が出演する舞台に顔を出し、やがて生活費を求めてくるようになった。

「困ると電話がかかってくるんです。生活のために資金が欲しいとか、そういう時は。『何とかしてくれるんじゃないか』と思っていると思いますよ」と、風間は淡々と語った。

 そんな父親に対して、風間は「親父は親父の人生だから。オレはお婆ちゃんに育ててもらってよかった。親父はいなくて良かったのかもしれない。いたら、オレはグレてたかもしれませんね」と、自らの人生を冷静に語った。

 その上で、「オレを生んでくれた人だから、最後まで面倒はみたいと思っています」と、父親の生活は今後も支援し続けるつもりだ。

引用元:ディリー
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/04/06/0008962467.shtml

風間トオルさんは幼少時代の貧しい生活をしていたことは記事で読んだことがありました。

大事に育ててもらっても、両親には冷たくなる人もいる中で、自分を捨てた親に対して、「オレを生んでくれた人だから、最後まで面倒はみたいと思っています」なんて言える人はできた人なんだと思います。

風間トオルさんのこれからのご活躍を願います。





スポンサードリンク




 - 気になるニュース