気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

六本木で爆売れ!福島屋「おむすび」とは?

   

六本木のアークヒルズサウスタワー地下1階に、「おむすび」が飛ぶように売れる店がある。並べるそばからすぐ売り切れるので、スタッフは朝から晩までひたすら握り続けるという。オフィス街なのでランチ需要があるとはいえ、コメ離れと言われ久しい日本の大都会で、なぜおむすびが爆売れしているのだろうか。

しかも、販売しているのは、意外なことに弁当屋でもおむすび専門店でもない。とあるローカルスーパーなのである。その名も、「福島屋」。東京都羽村市に本店を構える地域密着型スーパーだ。

■熱狂的ファンもつくローカルスーパー

年商約52億円、創業以来44年以上黒字続きという実績もすばらしいが、利用者からの愛されぶりもスゴイ。実は、羽村市で暮らす筆者の友人が常連なのだが、お買い物トークになると、「福島屋はすべてのものが美味しくて、店内にいるだけでも楽しいし、ちょっと高いけどついつい買っちゃうの!」と、いつも興奮ぎみに話してくれる。中には彼女のような地元在住者に限らず、遠方から足を運ぶ熱狂的ファンもいるそうだ。

客を虜にしているのは、「安心安全」や「美味しさ」にこだわった品揃えだ。無施肥無農薬で育てた自然栽培の野菜や果物を始め、全国を歩き周り見つけた絶品や、生産者と作ったオリジナル商品など、大手スーパーでは見かけないモノがズラリと並んでいる。

清潔な店内に気遣い満点の接客、独自の売り場改善法「グラフィック・ワークショップ」、「安売りしない、チラシはまかない」といった販促ポリシー―近頃は各方面からこうした経営手法も注目されており、全国から視察者が訪れ、スーパー再建や地域おこしの依頼などにも応えている。

そんな中、2014年1月に出店したのが、六本木店だ。冒頭でも述べたように、ここでは店内のキッチンで握られる「おむすび」が大人気だという。手作りであることもポイントが高いと思うが、支持されるワケは、「素材一つひとつの良さでは」と製造部門責任者・取締役の田中和彦さんは説明する。

「お惣菜は有料試食」というのが、福島屋の考えだ。どういうことかというと、全店において惣菜は、店頭で販売しているこだわりの食品や調味料を使い、店内のキッチンで調理しているのだ。おむすびも例外ではなく、選び抜かれた素材で作られている。

引用元:東洋経済オンライン
http://news.infoseek.co.jp/article/toyokeizai_20160407_111953/

写真みてもおいしそうです。

おむすびはやはりお米がよくないとおいしくないですよね。

一度、食べてみたいです。

福島屋さんのWEBサイトは↓
https://www.fukushimaya.net/





スポンサードリンク




 - 気になるニュース