気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

月9『ラヴソング』惨敗スタート

   

4月11日に放送されたドラマ「ラヴソング」(フジテレビ)にヒロイン役で出演中の歌手・藤原さくら(20)が悪評を受けている。また、恋人を演じる福山雅治(47)と同じ事務所であるため、バーター出演説の信ぴょう性が高まっている。

■めざましテレビ出演でドラマ不安拡大か

 いよいよ始まった「ラヴソング」。放送当日の朝には、ドラマのPRをかねて朝のニュース番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)へ福山と一緒に生出演した。 

 藤原は「緊張して眠れなかった」と挨拶し、低い声を露呈。スタジオでは福山とYUIの『CHE.R.RY』をセッションした。藤原はウワサの歌声を披露したものの、YUI本人よりややキーの低いガラガラ声。福山は「歌声が個性的」と評価していたが、一部では「歌が下手でビックリ」という反応が出た。

 そんな中、「塾があるから毎週『いつ恋』を録画予約していた中学生の娘が、今日予約を解除していった」などと録画拒否の声すら漏れ聞こえ、ドラマ放送前から不穏な気配が流れていた。

 30分拡大版で放送された第1話は、福山演じる神代公平と藤原演じる佐野さくらが出会い、歌を通じて初めて心通わせる。藤原がドラマで演じるのは、他人との会話が苦手な大型自動車の整備士補助。今までは「他人とのコミュニケーションが苦手」と紹介されていたが、ドラマ中で吃音症の女性役であることが明らかにされている。

 放送後に発表された視聴率は、歴代最低2位の10.6%。前回の「いつ恋」の11.6%を下回る結果に。視聴者の間では「途中で見るのをやめた」とギブアップ宣言も飛び出すなど散々な状況となった。

 そんな不調の中心にいるのが藤原だ。巷では藤原について、特徴的な唇をもつことから「石原さとみの劣化版」などと揶揄のオンパレード。放送前には福山との歳の差を指摘する報道などもあったが、それ以上の低評価を受けている様子。

「ほとんど知られていなかった吃音の設定に、ついていけない視聴者もいたのではないでしょうか。フジは随分と藤原を売り出していましたが、フタを開ければミュージシャンとしても普通。おまけに福山と同じ事務所ですから、バーター説が高まりましたね」(報道関係者)

 同じ新人女性アーティストなら、大原櫻子を起用する手もあっただろうが……。初回から不調のスタートとなった「ラヴソング」。次回以降、盛り返すことができるのか、注目が集まる。

引用元:ネタりか
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160414-24073631-dailynewsq

福山雅治さんの結婚でショックを受けている方もいる中、恋愛もののドラマ、それに20歳以上の差の恋物語は失敗だったかも?

「ガリレオ」のような恋愛とは関係ないドラマの方がよかったのにと思いました。





スポンサードリンク




 - 気になるニュース