気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

月9『ラヴソング』福山雅治とは逆に藤原さくらは評価

   

福山雅治主演のフジテレビ月9ドラマ『ラヴソング』第3話が4月25日に放送され、視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で2週連続1ケタ台に終わった。特に強力な裏番組はなかったが、13.0%を取った日本テレビ系『人生が変わる1分間の深イイ話』に完敗を喫してしまった。

 初回は10.6%、第2話は9.1%で、第3話までの平均は9.8%と2ケタにすら乗っていない。この調子でいくと、フジ月9史上ワーストを更新した前クールの『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(有村架純&高良健吾主演)の全話平均視聴率9.7%を下回りかねない状況となってきた。

 さすがに第3話までこの低視聴率では、ここから先の巻き返しは極めて困難。多少の上積みがあったにせよ、全話平均が15%を超えるラインまで上げるのは不可能といってもよいだろう。これまで、『ガリレオ』シリーズ(フジテレビ系)などで高視聴率を取ってきた福山にとっては、なかったことにしてしまいたい“黒歴史”になりそうだ。

 そんな福山バッシングが高まる一方で、ヒロイン・佐野さくら役を演じる藤原さくらを評価する声が出てきた。当初は、福山と同じアミューズ所属の新人ということから、「バーター感たっぷり」といった批判が噴出。また「無名すぎて感情移入できない」「ヒロインにはもっと華のある女優を起用してほしい」「シンガーなのに、たいして歌がうまくない」などともいわれてきたが、最近ではいささか風向きが変わり「演技が素人にしては、よくやっている」「ハスキーな歌声がいい」「ドラマでは、つなぎを着ていることが多くてよくわからなかったが、意外にもスタイルがいい」「ドラマの中で成長していく姿を見守りたい」など、藤原を擁護する声がネット上を飛び交っているのだ。

 ドラマの主題歌で、福山が作詞・作曲した「soup」が、6月8日に発売されることが決まった藤原。約1カ月後の発売時、『ラヴソング』の視聴率がどうなっているかは神のみぞ知るところだが、それなりのセールスは見込めそうだ。

 とどのつまり、福山にとっては、デメリットにしかならなかった『ラヴソング』だが、藤原にとっては、ブレークのきっかけとなるかもしれない。『ラヴソング』は本格的に「藤原を売り出すためだけのドラマ」になってしまいそうだ。

引用元:サイゾーウーマン
http://www.cyzowoman.com/2016/04/post_19831.html

ドラマは見ています。

1話を見た時は、次に見るのをやめようかと思いましたが、2話、3話と見ているうちにだんだんと面白くなりました。

藤原さくらさんは新人ですが、よくやっていると私も思いました。

外見はめちゃめちゃ可愛いというよりごく普通の子という感じですけど、それがいいのかもしれません。

歌も特別うまいとは思いませんでしたけど、ドラマで歌ってたからか心地よく聴けました。

3話ではこれからどんな展開になるかわかりませんが、佐野さくらが片思いの段階ですが、恋の成就はやめてほしいと思いました。

佐野さくらの恋は破れたけど、音楽を通して前向きに生きていけるようになったという結末であってほしいと思います。





スポンサードリンク




 - 気になるニュース