気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

波瑠「女優やめたい」メールの真相は?

   

NHKの朝ドラ「あさが来た」のヒロインで人気者になった波瑠(24)が、ドラマの撮影中、母親に「やめたい」と相談していたことをブログで明かし、話題になっている。

 一斉に報じられたからか、直後に「決して『あさ』という役をやめたいと思ったわけではありません」とつづり、釈明したものの、人間不信に陥り、精神的に追い詰められていたことを次のように明かした。

〈ささいな事の積み重ねで人を信用できなくなり、それを何度か経験しているうちに、誰にも何も話せなくなり、挙句に誰かと目を合わせるのも怖くなった時間すらありました。そのなかで感じた孤独や不安は、思い出すだけで今でも涙がでてきて、わたしのなかで卒業できていない感情です。女優を続けていくことが、こんな気持ちになることにつながってしまうなら、わたしは女優を、ずっとはやっていけないと思ってしまったのです。その気持ちからの、遠くにいる母へのやめたいというメールでした〉

 これを受け、ネットの掲示板やツイッターには「人を信用できなくなる、って相当な問題があったってことだな」「誰かにイジメられていたのかな?」などとコメントが相次ぎ、なかには「視聴者を落胆させるような発言だ」というものも。

■交際を報じられた坂口健太郎と会えない日々

 波瑠は「現場は、たくさんの人がいて」と、ほぼ出ずっぱりの慌ただしいスタジオでの日々が、人間不信の原因であったと説明しているが、どうなのか。あるベテラン芸能記者の読みはこうだ。

「注目すべきは『放送が始まる少し前、夏が終わる頃』です。この時期、具体的には7月、波瑠は同い年で、モデルで俳優の坂口健太郎との交際をスポーツ紙に報じられています。モデルとしても活動していて、そうした仕事を通じて意気投合したこと、ファッション業界では仲がいいことで知られていると書かれた。これを双方の事務所は否定しましたが、報道の後、『別れさせられたのではないか』という臆測が芸能マスコミの間で飛び交った。大阪NHKでのドラマ撮影中、東京の恋人と遠距離で寂しかった上、仲を引き裂かれたとすれば、傷心だったでしょうね」

 続けて、こうも。

「波瑠はイマイチ、お茶の間に認知されていなかった女優ですが、『あさが来た』で一気にブレーク。失うものはあっても、それを上回るものを得たのではないでしょうか」

 本人もそれを今は分かっているのだろう、ブログでは「終わってみないと何もわからないと、身をもって知りました」ともつづっている。

引用元:日刊ゲンダイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000005-nkgendai-ent

波瑠さんの人間不信の原因はやはり坂口健太郎さんと何かあったのかなって想像しちゃいますよね。

人間不信になるということは相当傷つけられたんじゃないかな。

販売標準価格: 7,080円 が今だけ半額!プロのお掃除屋さんが使っているカビ取り剤&防カビ剤 防カビ剤は効果が長期間(5年以上)維持されます。





スポンサードリンク



 - 気になるニュース