気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

ジャニー社長が断言!SMAP解散ない

   

SMAPの解散なし!! ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏(84)が4日までに東京都内でSMAPの分裂、解散危機騒動後初めて取材に応じ、「解散はありえない。(メンバーが)出ていくわけがない!」と明言した。最新号の「週刊文春」で「SMAP“9月危機”」の見出しが躍るなど、契約更新のタイミングである9月に騒動が再燃するのではとの憶測が流れていたが、一蹴した格好だ。デビュー25周年も「盛大にやるべき」とグループ活動の活発化を促した。

 日本中を揺るがしたSMAPの分裂、解散危機騒動から3カ月半。ジャニーズ事務所のトップがついに口を開いた。

 「解散とか、冗談じゃない。ありえない。みんな(事務所を)出ていくわけがない」

 スポーツ紙記者によるジャニー氏の取材は定期的にあるが、今回の取材会は騒動前である年始以来、4カ月ぶり。ジャニー氏は騒動について初めて言及し、グループ解散やメンバーの事務所退所を真っ向から否定した。

 取材会のテーマは違うタレントの舞台についてだったが、事務所社長としての責任を感じてか、質問のタイミングを計っていた記者の空気を察して「SMAPのこと、聞きたいですよね」と自ら切り出した。穏やかな口調でいつもは応じるが、SMAPの質問には少し語気を強めた。

 1月13日、女性チーフマネジャー、Iさん(59)の独立計画に中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(39)の4人が同調し、木村拓哉(43)が事務所残留を決断したという騒動が表面化した。

 亀裂は深いともみられたが、グループ存続を願うファンの声が後押しとなり、同18日のフジテレビ系「SMAP×SMAP」(月曜後10・0)での生謝罪で、木村が「自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思います」と宣言。ただ、「存続」や「解散」といった明確な言葉は一切なかった。

 そのため、事務所との契約が切れる9月に騒動が再び表面化するとささやかれてきた。実際、4月27日発売の「週刊文春」は「SMAP“9月危機”」の見出しで、「ファンクラブ会報が半年以上届いていない」「香取が自殺を口にした」といった過激な内容を報道。今回のジャニー氏の発言はこういった報道を一蹴した形だ。

 メンバーが小、中学生のころからメリー喜多川副社長(89)とともに手塩にかけて育て、「SMAP」と命名したのもジャニー氏。「わが子と同じ。向こうも(ジャニー氏を)親と同じように考えている。彼らが相談なしで何かをすることは絶対ない。彼らが僕を信じている以上に、僕も彼らを信じている」と言い切った。

 騒動当時は体調を崩して入院していたことも明かし、「スマスマ」での生謝罪前にメンバーに会い、「頑張れよ」と声をかけたという。

 SMAPは今年、デビュー25周年。これまでSMAPに関する決定権を持っていたIさんが5人のもとを去り、SMAPはメリー氏の長女、藤島ジュリー景子副社長(49)の管轄となったが、現時点でCDの発売やツアーの予定は立っていない。この現状にジャニー氏は「盛大にやるべき。遠慮して萎縮する意味はない」と、グループ活動の活発化を希望した。

 ジャニー氏同様、ファンも5人での活動を願っている。

引用元:ヤフーニュース

ジャニーさんが初めて取材に応じてくれましたね。

元はといえば、副社長であるメリー喜多川さんと飯島マネージャーの間のごたごたが原因なので、ジャニーさんがSMAPにジャニーズを出て行けと言ったわけではありませんからね。

それか、世論の独立組の評価が上がってきていますから、特に中居君支持者が日増しに増える一方で、ジャニーズ事務所への反感が高まってましたからね。

ジャニーさんも危機を感じたのでしょうか。

中居君への世論支持の高まりでジャニーズ事務所も方針を変えたのでしょうか。

会社はNo.2がしっかりしていないといけないと言われてますが、メリー喜多川さんも高齢ですから引退してもらった方がジャニーズ事務所としてもよいのではないでしょうか。

真意はわかりませんが、とりあえず、SMAPファンとしては安心しましたが、独立組が受けた心の傷はきえませんからね、どうなるんでしょうか、今後に注目です。

販売標準価格: 7,080円 が今だけ半額!プロのお掃除屋さんが使っているカビ取り剤&防カビ剤 防カビ剤は効果が長期間(5年以上)維持されます。





スポンサードリンク



 - 気になるニュース