気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

豊臣秀吉の身長が182cmは嘘!実際は「140cmだった」

   

豊臣秀吉を知らない人はいないと思いますが、印象に残ることは、百姓から天下人になれたってことですよね。

当時の重要なポストは、一族の者や古くからの家臣にしか与えられません、何処の馬の骨かわからない人間に、出世はできなかったのです。

なぜ百姓から天下人までになれたのか、

織田信長という主君に仕えた事ですね。

織田信長は、実力主義でしたから、秀吉のみならず、明智光秀、滝川一益なども実力で出世しました。

豊臣秀吉は織田信長に「さる」と呼ばれてたのは有名ですが、「さる」って呼ばれるなんて小さいイメージがありますよね。

戦国時代の平均身長が157cmでしたので、それよりは低い150cmくらいってことでしょうか。

それが、なんと、140cmという説もでてきたんです。

豊臣秀吉、身長詐称が発覚!

教科書などで目にする「太閤・豊臣秀吉」の肖像画。そこから推測される身長は182cm、体重79kgという“モデル体型”。

しかし、実際は「140cmだった」と、篠田先生はバッサリ。

先生によると、戦国時代のオランダ商人・ティチングの著書『日本風俗図説』には、秀吉の身長について「約50インチ」と記述があるそうで、50インチ=127cmなのだという。

ただ、127cmとなると「低身長症と思われる」が、「秀吉が低身長症だったという記録はない」ことから、篠田先生は少し大きめの「140cmくらいではないか」と推測したという。

身長40cmもサバ読みした理由とは?

「なぜ、40cmも大きく描かせたんでしょう?」というMC稲垣吾郎の疑問に対し、篠田先生は「秀吉にはいろいろコンプレックスがあったと思う。太閤になると、画家に命令して非常に立派な肖像画を描かせたのではないか」と、語った。

40cmという、今ではありえない身長詐称を行った秀吉だが「豊臣秀吉=小柄」というイメージは割と定着しているので、無駄な抵抗だったように思える。

引用元:IRORIO

秀吉が140cmとは驚きでしたね。

矢口真里さんが145cmですから、それよりも小さいってことですよね。

販売標準価格: 7,080円 が今だけ半額!プロのお掃除屋さんが使っているカビ取り剤&防カビ剤 防カビ剤は効果が長期間(5年以上)維持されます。





スポンサードリンク



 - 気になるニュース