気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいい?

   

100人の医師が100人ともダメと指摘するのがタバコである。タバコを吸うと肺がんになり、周囲の人も副流煙で肺がんになる。止めようと思っているご同輩も多いだろうが、中部大学総合工学研究所の武田邦彦教授によると、「タバコを吸えば肺がんになる、副流煙も危ないというのは科学的に見ると、まったくおかしい」と言う。「喫煙者率はこの50年で急減しているのに、肺がんの患者数は逆に他のがんと比べても増えています。この数字だけ見ても、おかしいんですよ」

 喫煙者と非喫煙者の肺がん死亡リスクは、実は変わらないといわれているのだ。「昨年、肺がんで死亡した日本人は13万3500人。喫煙者は1000人に1人が肺がんになるといわれているので、日本に約2600万人いるとされる喫煙者で肺がんになった人は、約2万6000人計算。なので、肺がん死亡者のうち実に10万人以上が、非喫煙者。1億400万人いるとされる非喫煙者が肺がんで死亡する確率を考えると、約1000人に1人なのです」(医療ジャーナリスト)

 喫煙者が最も嫌われる原因である副流煙の害も、疑わしいところがある。

「副流煙で肺がんになるという話は、国立がん研究センターから発表された平山論文がもとになっていて、≪夫が喫煙者である妻は非喫煙者の夫を持つ妻と比べて肺がんで死ぬ確率が2倍以上になる≫というもの。ただ、論文を精査すると、データを改変したとしか言いようがないほどデタラメなのです」(前出の武田教授)

 タバコを吸っても吸わなくても肺がんになる確率は同じなら、副流煙で肺がんになるという説は元のデータからしておかしかった、ということになる。また、「タバコは百害あって一利なし」が世の定説だが、これにも疑問符がつく。「ニコチンは、気持ちを落ち着かせるセロトニンや、意欲とヤル気を起こすドーパミンといった脳の神経伝達物質の働きを補う作用があります」(前同) タバコを吸うと、気持ちが落ち着き、集中力が高まるのはこのためだという。「このストレス社会ではタバコで精神的安定を保っている人も多いと思います」

 ちなみに、武田教授は非喫煙者だが、科学的でないデータをもとに魔女狩りのようにタバコを悪と決めつける風潮に我慢できず、書籍『早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいい』(竹書房)を出版した。

引用元:日刊大衆
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20160421/Taishu_21087.html

上記URLの記事の最後に書いてありましたが、

「世の「正しい健康法」に惑わされず、好きなものを適宜、適度に楽しむ――こんな生き方が、最も健康的なのかもしれない。」

その通りだと思いました。





スポンサードリンク




 - 気になるニュース