気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

大爆死の7月ドラマは?

   

予想外に苦戦している7月ドラマは何?

 7月クールのドラマは視聴率が伸び悩んでいるが、リオ五輪が始まる前に“予選落ち”寸前のドラマは3本。

 向井理が主演の「神の舌を持つ男」(TBS系)は3回放送の平均視聴率が6%ちょっとでゴールデン・プライムタイムでは最下位。“向井ブランド”の劣化ぶりが激しい。

「時をかける少女」(日本テレビ系)は初回こそ9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったが、第2話6.6%、第3話は初回の半分以下の4.6%にまでダウン。この急落ぶりはすごい。

「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)は松嶋菜々子の3年ぶりの主演ドラマで、今クールの一番の“期待株”。しかし、初回10.2%、第2話が7.7%と平均ではあっさり10%を割ってしまった。

 なぜ数字がついてこないのか。

「『神の舌』はコメディーをはき違えていて、向井が舌を出すところが女性視聴者が気持ち悪がっていて笑えない。『時をかける』は原作から逸脱した部分が不出来で、キャスティングが弱い。松嶋は『家政婦のミタ』のようにキャラ立ちしていないし、本筋の物語に意外性がなさすぎる。暴論かもしれないが、この3本は五輪番組に切り替えて放送した方がいいかもしれない」(作家の松野大介氏)

「時を…」は全5話だから痛手が少ないが、3本とも、もうノックアウト状態か?

引用元:日刊ゲンダイ

やっぱりという感じでした。

向井理さんは、やはり結婚してから人気も落ちたように思います。

向井さんは、奥さんや子供のことは一切メディアでは言わないそうですが、奥さんの国仲涼子さんは最近、テレビドラマで復帰しましたから、メディアに現れてくるといくらかは生活感を想像させてしまいます。

松嶋さんは、美人ですが、演技派女優というほど演技は上手とは思えませんから、脚本によって視聴率も左右するのだと思います。

「時をかける少女」のキャストは知らない人ばかりでした。

芳山未羽役の黒島結菜さんは、カルピスウォーターのCMに起用されているとのことですが、わかりません。

深町翔平/未来人ケン・ソゴル役の菊池風磨さんは、SexyZoneのメンバーだそうですが、SexyZoneというグループは知っていますが、菊池風磨さんがどの方かわかりません。

1983年には原田知世さん主演で映画化された『時をかける少女』
2010年には仲里依紗さん主演で映画化

今回の連続ドラマ『時をかける少女』では、未来人ケン・ソゴル目線でも描かれるということで、これまで語られなかった部分にも注目が集まり、初回は、9.4%だったんですけどね。

2時間30分程度で完結する映画とはまた違って、連続ドラマという流れの中で再び映像化される『時をかける少女』ですが、キャスティングが弱すぎ?

婦人公論、女性セブンに掲載されました!プロのお掃除屋さんが使っているカビ取り剤&防カビ剤 防カビ剤は効果が長期間(5年以上)維持されます。
下の写真は左半分に防カビ剤を塗布した実験例。

boukabi





スポンサードリンク



 - 気になるニュース