気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

Qちゃん、どうしちゃったの? 高橋尚子がパチンコ依存症に!

   

高橋尚子さんがパチンコ依存症に?

Qちゃん、どうしちゃったの?

マラソン金メダリストの“Qちゃん”こと高橋尚子が思わぬ姿を週刊誌にスクープされ、衝撃を受けた人が多かったようだ。

 8月2日に発売された女性自身が、7月下旬に高橋がパチンコ店に1人で入っていくところを目撃し、その一部始終を報じているのだ。

 その日、高橋は午前11時半過ぎからパチンコを打ちはじめ、なんと食事も摂らずに夜10時半の閉店までの丸11時間ひたすらパチンコに打ち込んでいたのだとか。

 夜8時半頃には高橋のマネージャーも務める恋人の西村孔氏が車でパチンコ店に迎えにくるも、連チャン中だったため高橋は遊戯を続行。結局、西村氏は高橋を40分ほど待った後、一度家に戻り、閉店頃に再び高橋を迎えにやってきたとのこと。

 一時はドル箱15箱も積み上げ、文句なしの大勝を飾った高橋も満足のいく結果だったはずだが、世間はこの報道にドン引き。

 ネット上からは「Qちゃん、どうしちゃったの? 完全に依存症じゃん」「正直、イメージダウン」「パチンコでラストスパートですか?」「負けず嫌いだと思うから、彼氏も大変だな」と、完全にマイナスイメージを与えてしまったようだ。

「同誌編集部に突撃された高橋は月に数回ぐらいしかパチンコはしないと説明し、あくまで息抜きと話しています。5日から開催されるリオ五輪でTBSのスペシャルキャスターを務める高橋にとっては束の間の休息なのでしょうが、近所の住民はカツラを被ってまでパチンコ店に通う高橋の姿を見て、ちょっと心配しているようですね。朝から夜まで打ち続けるのもこの日に限ったことではなく、ザラにあるとのこと。その姿は正真正銘の中毒パチンカーですよね(笑)」(週刊誌記者)

引用元:ネタりか

最初に記事を読んだ時は、Qちゃん、どうしちゃったの?って思いましたが、後になって考えてみるとQちゃんも普通の人だったんだと安心もしました。

金メダルをとってからやたらメディアで持ち上げられ、精神的にはプレッシャーだったのかなと思います。

メディアでは良い人のイメージを保ち続けなければいけませんからね。

精神的には辛いと思います。その息抜きでパチンコの面白さにのめり込んでしまったのでしょうか。

日本人がパチンコ好きなのは、勝負の結果がすぐにでるからだそうです。

日本の社会は、昇給するにも平社員から、係長、課長、部長、次長、社長へと順番に上り詰めていかなければいけません。その段階でもリストラされたり、途中で会社をやめ、新しい会社に転職する方も多くいます。トップに上り詰めるには、何十年という長い期間が必要です。

パチンコはその日に結果がでますからね。勝つか負けるか。

パチンコがコンピュータ化されていない時は、釘をみることが主流でした。

今は、コンピューター化されプログラムで動いているので、お店でいくらでも調整できるようになっています。

だから、一般の人が勝ち続けるということは難しいですね。パチプロも激減していると思います。

パチンコやにもたくさん箱をつんでいる人が何人かいますが、その中にサクラもいるそうです。

サクラとはパチンコやさんに雇われているということです。バイトなんでしょうね。サクラは、パチンコの出玉とは別です。日給、いくらかもらうらしいです。

Qちゃんも早く、お店に出玉が調整されている可能性があるということを悟ってほしいですね。

お店に出玉を調整されてると思うと、ばかばかしくなってきますからね。

スポーツ選手はすごい集中力が必要であり、それにともなうプレッシャーもすごいそうです。

息抜きが必要なのはあたりまえだと思います。

水泳の北島選手も焼き鳥屋でタバコ吸ってたとか、体操の内村選手も学生時代、喫煙室でタバコ吸ってたって知人が言っていました。

集中する時は集中する、息を抜く時は息を抜くがきちんとできているからすばらしい結果もでるのかもしれません。

でないと、やってられませんよね。

婦人公論、女性セブンに掲載されました!プロのお掃除屋さんが使っているカビ取り剤&防カビ剤 防カビ剤は効果が長期間(5年以上)維持されます。
下の写真は左半分に防カビ剤を塗布した実験例。

boukabi





スポンサードリンク



 - 気になるニュース