気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

【驚き】1999年に放送されたドラマ『古畑任三郎VS SMAP』は今のSMAPを予言してた!

      2016/10/19

驚きです。1999年に放送され30%以上の視聴率をあげたドラマ『古畑任三郎VS SMAP』のドラマが今のSMAPの状態と重なるというのです。

三谷幸喜が書き下ろし、1999年に放送され30%以上の視聴率をあげたドラマ『古畑任三郎VS SMAP』(フジテレビ系)の中に、興味深いセリフがあった。ドラマのストーリーは、同じ施設で育った5人が集まり結成されたアイドルグループSMAPが犯した完全犯罪を、古畑(田村正和)が推理し、5人の犯行であると暴いていく内容。最後に古畑は、「彼らは悪い人間じゃないよ。でなきゃ、あんなに大勢の人を夢中にさせることはできない」と相棒の今泉(西村雅彦)に語りかける。今泉はSMAPファンで、古畑がSMAPに殺人の疑いをかけていると知ると、「あいつらが人を殺すはずがない! あいつらいいヤツだもん!」と言ってべそをかいた。その、今泉の思いに対する、古畑なりの返答だった。

 「このスキャンダルが明るみになったらSMAPは終わる」と宇梶剛士演じる冨樫に脅されたとき、中居演じる中居は、「SMAPは終わらせない」と呟いた。今回の解散騒動で木村が発したとされる言葉に、「だったら4人をクビにして」というのがあったが、そのセリフは、このドラマからの引用のようにも思える。ドラマの中で、殺人は、SMAPのコンサートの直前という慌ただしい時間の中で行われるのだが、それぞれのアリバイ作りのために、まずは木村と香取が喧嘩を始める。2人で散々言い合った後に、マネージャーから、「拓哉、あんたどうしたいの?」と聞かれ、木村役を演じる木村は、「慎吾外して」と一言。すべては殺人計画のための芝居なのに、木村には、どうしても“俺様”で“ワガママ”なイメージがつきまとう。でも、ファンはちゃんとわかっている。長年SMAPを続ける中で、メンバーは常に、自分の果たすべき役割を全うしているのだと。

 古畑がSMAPのことを、“友情で結ばれた5人”と評したとき、木村だけが、古畑を挑発した。自分たちの完璧な計画を、切り崩せるものなら切り崩してみろ、と。結局、木村自身が墓穴を掘って犯行を認めることになるのだけれど、ずっと突っ張って弱みを見せずに来た木村が、その時初めて、メンバーの前で「ごめん、俺のせいだ」と謝る。もちろん、このドラマの中の木村は本当の木村拓哉ではない。でも、自分1人で罪を被ろうとした(中居演じる)中居がいる一方で、あくまで、それがたとえやせ我慢でも、自分の決めたことを信じて、最後まで絶対に逃げない(木村演じる)木村。2人揃ってこそ、SMAPはここまで大きく、強くなれたのだと、私たちは、ドラマの中に現実の2人の姿を重ねずにはいられない。

引用元:ORICONSTYLE

『古畑任三郎VS SMAP』の動画は
  ↓
http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=ドラマ『古畑任三郎VS+SMAP』&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa

17年前のドラマですが、セリフが今のSMAP騒動に重なっているのは驚きでした。

記事の中で最も気になったのは、
「結局、木村自身が墓穴を掘って犯行を認めることになるのだけれど、ずっと突っ張って弱みを見せずに来た木村が、その時初めて、メンバーの前で「ごめん、俺のせいだ」と謝る。」

というところです。

私は、キムタクが独立組メンバー4人に土下座してあやまれば、今の最悪のSMAPの状態から抜け出せると思っていますが、現実はドラマどおりにいかないですよね。

衝撃的にカビが落ちます。においも気になりません。
プロのお掃除屋さんが使っている業務用の
カビ取り剤・防カビ剤!
こちらのページからきたと明示した場合は、
半額になります!
業務用のカビ取り剤 500ml が1500円!
今がチャンス!
  ⇩

プロのお掃除屋さんが使っているカビ取り剤&防カビ剤 防カビ剤は効果が長期間(5年以上)維持されます。
下の写真は左半分に防カビ剤を塗布した実験例。

体験者の声↓

カビ取りは、スプレーしてスポンジで軽く拭くだけで落ちました。
何より匂いがキツくないのがいいです。
とにかくカビキラーと違って匂いが少ない!
カビキラー、もうハンパないんすよ、臭うし、目にしみるし
当然落ちるので、文句なし

boukabi





スポンサードリンク



 - 気になるニュース