気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

SMAPとしての最後のメッセージ、中居君とキムタクの対照的な言葉!

   

SMAPの中居正広さんが、SMAP最後の日となる2016年12月31日のラジオのレギュラー番組放送、23時から30分の放送でまさに解散直前で、解散騒動について、はじめて語りました。

「僕がしゃべると、また誰かに迷惑かかるのかな。神さま、なんで僕が31日なの?」と、奇しくもSMAP解散の日である12月31日に放送があたってしまったことをつぶやいたあと、「ちょっとお話をしないといけないこともあるかな、と思っています」と切り出した。

「僕にとっては、この1年な、敏感、デリケートな日が毎日続きました。そういう日があまりに続くと、鈍感になっていく、麻痺してくるんですね。丁寧に言葉を選んだり、あまりに考えすぎると」
「もういっぱいいっぱい迷惑をたくさんかけすぎちゃってるんで、こうやってお話しするのも、私利私欲というか、自分が好かれたいとか、そんなの全くない。この期におよんで、自分だけとか、1ミリもなくなる。自分の肯定論、僕は正しい、まちがっていない、自分を認めてもらいたいがために、嘘を言ったり、人の心を踏みにじったり、群れることとかも、そういうマネはしたくない」
「自分の言動、行動、決断、すべてが正しいなんて、全然思ってない。まちがえる瞬間とか、不正解だった場面とか、ぼくはきっとあると思ってる」
「ぼくは今年44歳になりますが、今まで習ったことのない1年だった。今年過ごした1年は、教わったことのない1年だった。かけ算とか、ボールの投げ方とか、お年寄りに席をゆずりましょうとか、そいうふうに学校の先生、上司、先輩とかに教わってるから対応できるんだけど、今年1年は教わったことのない1年だった。だから全てが正しいなんて、自分が正しいなんて思ってない。人間の真価が問われる1年だった」

『SMAP×SMAP』(フジテレビ)での生謝罪のときと、『スマスマ』最終回で「世界にひとつだけの花」を歌ったとき以外は、表面的には一貫して普段と変わらないテンションを維持していた中居だが、当然ながらキツい1年だったことを吐露した。

「誰も、悪くないんです」
「こういうふうに言うと、「ぼく悪くないんです」っていうんじゃないですよ、この期に及んで。なんなら、ぼく悪くても大丈夫なんです。円滑にいくなら、ぼく悪くていいんですけど」
「誹謗とか中傷とか、ネットとか週刊誌とか、普段観ないほうですけど、それでも耳に入ってきて。誰も悪くないんですよ」

 かたくなに解散を主張したと解散原因のスケープゴートにされている香取慎吾のことをかばっているのか、土壇場で独立を拒否し分裂を招いた木村拓哉のことをかばっているのか、あるいは両方をかばっているのだろうか。とにかく中居は「誰も悪くない」「自分が悪いと思われてもいい」と、自分以外のメンバーをかばった。

 さらに、『スマスマ』でのぎこちないやりとり、隠せない不仲ぶりに、プロ意識がないなどとメンバー、とくに香取を批判する声も多かったが、中居はこう言って、メンバーを思いやった。

「メンバーは、今年1年本当によくがんばりました。よくふんばったと思います。いろんな思いあったと思います。入り交じって、複雑な思いあったと思います。みんなも習ったことない1年ですから。よくがんばったなあと思います。最後までしっかりSMAPを務めたと僕は思います。ねぎらいとかお褒めの言葉をあげてほしいなと思います」

 こうした姿勢は、木村拓哉のそれとは対照的なものだ。キムタクは解散発表時、「本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、飲み込むしかないのが現状です。たくさんの気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して「解散」という本当に情けない結果になってしまいました」と、自分以外の誰かを責めるようなコメントを発し、解散発表時滞在していたハワイから帰国したときにも「去年の末から今回の騒動に至るまで自分自身は変わっていない」と、自分を正当化した。

 さらに30日の解散前最後のラジオ番組「木村拓哉のWhat’s up SMAP!」(TOKYO FM)の放送でも、「まあ、この番組のタイトルもそうなんですけど、大切にしたいなっていうものは変えずに、ブレずに、はい。そんな、まあ勇気というか、なんかひとつ確たるものを持って進んでいきたいなと思います!」と、自分だけがSMAPを守り続けていくことを強調していた。

 たしかに、このキムタクのラジオ番組は2017年からも「SMAP」がついたタイトルのまま、放送され続けるらしい。しかし、それはキムタク1人がジャニーズ事務所に恭順の意を表したため、SMAPという名前の使用を許されたということにすぎない。

 逆に、ほかのメンバーはそれまで出演してきたラジオ番組のタイトルも変更せざるを得なくなった。「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」(文化放送)は「編集長 稲垣吾郎」。「中居正広のSome girl’SMAP」(ニッポン放送)が「中居正広ON & ON AIR」。草なぎ剛と香取慎吾の「SMAP POWER SPLASH」(bayfm)は「ShinTsuyo POWER SPLASH」と、それぞれ“SMAP”の名を外された。

 こんな状況で、キムタクはSMAPの何を守るつもりなのか。「自分は変わってない」と自らの正当性を主張し続ける木村、「何が正解だったかわからない」と迷いを吐露する中居。2トップとして、SMAPをひっぱってきたふたりだが、どちらがSMAPを愛していたのか、明白ではないか。

 中居自身もそのことへの複雑な思いがあるのだろうか。この日のラジオではキムタクをかばいながらも、こんなことも語っていた。

「僕は前ばっかり向けるタイプじゃなくて、自分の足跡、どこで脱線したのかなとかどこで道草くったのかなとか確かめながら、僕は前に進みたいタイプなんでしょうね」

 前ばっかり向けるタイプじゃない。これは明らかに、キムタクが生謝罪で繰り返し語った「前を向いて進みたい」を意識しての発言だろう。

 番組の最後、中居は「勝手ながら、締めさせていただきたいと思います。声はらせていただきますね」と前置きし、「しんごー、つよしー、ごろー、きむらー、スマップー」と大きな声で叫び、「じゃあね、バイバイ」と別れを告げた。

引用元:リテラ

中居君の言葉、泣けてきます。

本当にSMAPを愛していたんだなー、SMAPファンを大切に思っていたんだなーって。

それに反し、キムタクの自分を正当化する言葉はどんなもんかと?

慎吾ちゃんのキムタク批判の記事もジャニーズ事務所がキムタクイメージ回復のために慎吾ちゃんを悪者にしただけで、慎吾ちゃんから直接メッセージがあったわけでもありません。

中居君、吾郎ちゃん、剛君、慎吾ちゃんは自分を正当化するメッセージは発していません。

窮地に立った時に本性がでるもんなんですね。

以前、このサイトでも紹介した

スマスマ、最終回放送中、SMAPメンバーはフジテレビにいた?

でもお伝えしましたが、SMAPメンバーは、ゲリラ的に生放送に出演しようと企んでおり、そこでファンに向けて謝罪と今までのお礼を言う予定だったそうです。

19時~20時台にフジテレビ入りしたSMAPメンバー、キムタクはドラマ撮影のために遅れてフジテレビ入りしていたそうです。

それが、22時になりメリー喜多川と藤島ジュリー景子がフジテレビに遅れて駆けつけ、それを阻止したそうです。

西山喜久恵アナウンサーが「このあと最後のラストステージをお送りします。5人揃って歌うのはこれでラストになります」と言ってからの約13分間にファンに向けて謝罪と今までのお礼を言う予定だったそうです。実際は、スライドショー映像が流れていただけでした。

キムタクが遅れてフジテレビに来たってことは、ゲリラ生出演計画に誘われていたのですね。

でも、身内にスパイ(嫁)がいるから行くに行けない。

最終的には、キムタクは遅れて来たのだから、娘はかわいいけど、嫁の本性にようやく気がついたのでしょうか。

【画像あり】キムタクは父親似!キムタク家族写真、父親は男前、母親は美人、子供は超かわいい、嫁は???

衝撃的にカビが落ちます。においも気になりません。
プロのお掃除屋さんが使っている業務用の
カビ取り剤・防カビ剤!
4〜7割引きセールは終了しましたが、
数量限定で破格値でお譲りします。
破格値は、サイトとは違いますので、
takemotoma0822@yahoo.co.jp
よりカビ取り剤、防カビ剤の種類を書きご連絡ください。
数量限定ですので今がチャンス!
  ⇩

プロのお掃除屋さんが使っているカビ取り剤&防カビ剤 防カビ剤は効果が長期間(5年以上)維持されます。
下の写真は左半分に防カビ剤を塗布した実験例。

体験者の声↓

カビ取りは、スプレーしてスポンジで軽く拭くだけで落ちました。
何より匂いがキツくないのがいいです。
とにかくカビキラーと違って匂いが少ない!
カビキラー、もうハンパないんすよ、臭うし、目にしみるし/Users/masami/Documents/織田裕二新ドラマ.jpg
当然落ちるので、文句なし

boukabi





スポンサードリンク



 - 気になるニュース