気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

キャリア25年のベテラン脚本家からみた元SMAPで一番使いにくいのは誰?

   

キャリア25年のベテラン脚本家が、元SMAPメンバーで一番使いにくいと選んだのは?

SMAPの肩書が消えた元メンバーたちだが、ジャニーズ事務所が猛プッシュする木村拓哉以外、“芸”の実力がタレントとしての今後を左右するとみられる。

そんな中、ドラマに限っていえば、「5人の中では、稲垣吾郎がズバ抜けている」とする専門家の声がある。連続ドラマや時代劇を多数手掛けてきたキャリア25年の脚本家A氏に、匿名を条件に“本音”を語ってもらった。

・・・・・・・・・・

そんな中、木村は「元 SMAP5人の中では、キャラが当てにくく、配役しにくいので最下位」と厳しい評価。木村といえばドラマが本業であり、ヒット作品も多数あるだけに意外だ。

「個人的には、木村さんは『眠れる森』や『ギフト』(ともにフジテレビ系)など不良っぽい役のほうが魅力的だと思うんですが、それだと数字が取れない。彼の場合は、ぶっちゃけ『専門職のスキルを発揮しつつ、恋愛劇を展開』というワンパターンしかハマらないので、その専門職を描くにはセットや小道具にやたら金と手間がかかり、現在放送中の『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の医師や『GOOD LUCK!!』のパイロット、『月の恋人~Moon Lovers~』の家具職人、『エンジン』のレーサー、『HERO』(すべてフジテレビ系)の検事、みんな監修や撮影場所に金のかかる話ばかり。木村さんをよく見せるための演出が高くつき、コストパフォーマンスが悪いんです。草なぎさんなら、3分の1のコストでやれますよ」

A氏によると「木村さんを使って視聴率が悪かった場合、脚本家が大きく責任を問われるから、なおやりにくい」と言い、舞台裏の事情から見れば使いにくい役者、ということになる。

その木村主演の新ドラマ『A LIFE』の初回視聴率は14%台で、過去に比べ低調。この数字は、A氏から見ても「悪い」という。

「業界内では、15%を切ることはまずないと見られていましたからね。竹内結子、松山ケンイチ、浅野忠信を脇に置いてこの視聴率だと、脚本家も怖くなります」(同)

引用元:日刊サイゾー

キムタクが視聴率をとれたのは、元マネージャーのI氏の力があったからだと思います。

I氏はキムタクのドラマには他のメンバーよりも力を入れていたそうです。

そのI氏は医者は誰がやってもカッコよく見えるのでという理由でキムタクには医者のドラマをさせなかったそうです。

I氏がそういう思考だったからか、それに反発してジュリー氏があえてキムタクに医療もののドラマを選択したのか、それとも医療ものは視聴率がとれると思ってのことかはわかりませんが、豪華キャストや医療器具のレンタル代などで、1話が1億円ほどのコストがかかるそうで、毎回の視聴率20%以上でないと赤字です。

今後どうなっていくのか注目してみたいと思います。

ちなみに、使いやすい順番は、吾郎ちゃん、剛君、中居君、慎吾ちゃん、キムタクです。

【画像あり】キムタクは父親似!キムタク家族写真、父親は男前、母親は美人、子供は超かわいい、嫁は???

 - 気になるニュース