気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

2017年1月期ドラマの評価は、視聴率?満足度?

   

1月ドラマは、元SMAPの木村拓哉さんと草なぎ剛さんが主演されるということで、毎日のように視聴率についての記事がみられます。

2017/3/9時点では、
1月ドラマの視聴率ランキング
【1位】A LIFE〜愛しき人〜(全話平均視聴率:14.3%)
【2位】東京タラレバ娘(全話平均視聴率:11.9%)
【3位】嘘の戦争(全話平均視聴率:11.2%)
【4位】就活家族〜きっと、うまくいく〜(全話平均視聴率:9.5%)
【5位】スーパーサラリーマン左江内氏(全話平均視聴率:9.3%)

ドラマおすすめランキング
【1位】嘘の戦争/草彅剛 (61%, 2,166 人)
【2位】A LIFE/木村拓哉 (24%, 870 人)
【3位】カルテット/松たか子 (8%, 298 人)
【4位】東京タラレバ娘/吉高由里子 (6%, 226 人)
【5位】視覚探偵 日暮旅人/松坂桃李 (6%, 205 人)


以前は視聴率が高ければ、そのドラマが面白いんだなと思っていましたが、今回調べてみて、視聴率が高ければそのドラマが面白いドラマだということではないということがわかりました。

視聴率は曜日や時間帯もあるので、正確な比較はできないのかもしれません。

視聴率は、今のデジタル放送時代に、視聴率が昭和方式のサンプル調査をとっています。
それは、なぜか、「不正」が可能なブラックボックスが保たれている、ということだそうです。
視聴率の計測方法がサンプル調査であったとしても、複数社が実施しているなら、その数字は信用に値するかもしれませんが、視聴率を独占しているのは、ビデオリサーチです。
ビデオリサーチは、筆頭株主が34.2%保有の電通であり、社長も、電通から送り込まれているそうです。

ドラマおすすめランキングや連続ドラマレビューランキングなどの満足度は、ちゃんねるレビューやテレビウォッチャーでみれますが、実際ドラマをみた人が評価するものです。

視聴率の測定サンプル数は600世帯(関東地区は900世帯)。それに対し、テレビウォッチャーはサンプル数が2400人。
視聴率が“世帯”であるのに対し、テレビウォッチャーは“個人”の視聴状況を測定しているそうです。

こちらも参考に
 ↓
冬ドラマ初回の最高傑作は・・・?~質量両面から評価してみた~

どのドラマが面白いのかは、視聴率、満足度の両方を調べてみる必要がありますね。

【画像あり】キムタクは父親似!キムタク家族写真、父親は男前、母親は美人、子供は超かわいい、嫁は???

 - 気になるニュース