気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

「水戸黄門」復活、黄門様は武田鉄矢、お供はマッチ?鶴見辰吾?

   

大人気歴史ドラマ「水戸黄門」が復活するそうです。

2011年に42年の歴史に幕を下ろしたTBSの大人気歴史ドラマ「水戸黄門」(TBS系)が6年ぶりに復活すると発表された。新番組はBS‐TBSで今年10月から水曜午後7時から放送される。

これまで東野英治郎、西村晃、佐野浅夫、石坂浩二、里見浩太朗ら名優が演じてきた水戸光圀役に抜擢された武田は、「いつでもどこでも庶民の味方であって親しみやすい、水戸光圀でありたいと思っています」と意気込んでいる。

だが、このキャスティングにネット上では「(印籠を出して)『はい、ちゅうも~く』って想像してしまった」「金八のイメージが強すぎる」など、武田が同局で長年演じてきた「3年B組金八先生」のイメージが強烈すぎてか、困惑する人が続出しているようだ。

けれども、芸能ジャーナリストは「面白いキャスティング」と評価する。

「TBSドラマの光圀役は、69年から83年の間、全381話を演じた東野さんから、西村さん、佐野さんと変わるたびに賛否両論ありました。けれど、放送が進むにつれてしだいに“黄門さま”に見えてくるから不思議です。格さんや助さんに支えられ、どの役者も“黄門さま”になっていくのでしょう。武田も“金八”のイメージから脱皮するいいタイミングではないかと思います」

お供のキャスティングはこれからだというが、早くもネット上では近藤真彦や鶴見辰吾を押す声があがっている。それでは「金八」のイメージに逆戻りとなるが、はたして、誰が助さんと格さんになるのか楽しみだ。

引用元;アサ芸プラス

「水戸黄門」は小さい時みてましたね。

20時からスタートして20時45分頃に印籠をだし、助さんが、「「こちらにおわすお方をどなたと心得る。恐れ多くも先の副将軍 (中納言)水戸光圀候にあらせられるぞ。」といい、事件が解決するとワンパターンでしたが、面白かったです。

6代目水戸黄門に武田鉄矢さんが起用されたんですね。

水戸黄門の役を演じたのは、
初代・東野英治郎さん、2代目・西村晃さん、3代目・佐野浅夫さん、4代目・石坂浩二さん、5代目・里見浩太朗さんでした。

武田鉄矢さんが黄門様なら、助さん、格さんに金八先生シリーズで共演した人を押したい気持ちもわかりますね。

でも、そうなったとしたら、水戸黄門と金八先生がダブってみえちゃうんじゃないでしょうかね。

どちらもTBS放送ですから、もしかしたらあるかも。

【画像あり】キムタクは父親似!キムタク家族写真、父親は男前、母親は美人、子供は超かわいい、嫁は???

 - 気になるニュース