気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

透視能力を持つポルトガル人が、第3次世界大戦で2017年5月13日に開始と予言

   

北朝鮮問題で緊迫した状態の中、世紀末予言をした透視能力をもつポルトガル人のゴラツィオ・ヴァリエガス氏が話題になっています。

英タブロイド紙のデイリースターによれば、ヴァリエガス氏は2015年の段階ですでにドナルド・トランプ氏が米大統領選挙で勝利し、「イルミネーションの王」となって「第3次世界大戦をもたらす」と予言していた。

ヴァリエガス氏はデイリースター紙に「トランプ氏がシリアを攻撃する」という予言も伝えていた。

デイリースター紙掲載の記事には「わずか数日前、テキサス州在住のカトリック教徒の透視者(ヴァリエガス氏のこと)はある像を目にした。複数の火の球が空から降ってきて、地球に落ちてくるというものだった」とかかれている。

この像を見た後、ヴァリエガス氏はこれが第3次世界大戦で2017年5月13日に開始されるということを「理解した。」この日はポルトガルの奇跡、ファティマの聖母の最後の出現から100年めにあたる。ヴァリエガス氏の見解では同じ年、つまり2017年10月13日に戦争は終わるが、「多くの者にとってはこれはあまりに遅すぎるであろう。」

世紀末がいつ到来するかという論争が起きたのは今世紀が初めてではなく、この手の話は止むことがない。終末論の予言はマスコミに時折姿を現している。今年3月もペルーで非常に珍しい「燃える」虹が現れ、これは黙示録の前触れだと騒がれたばかり。

引用元:世紀末予言2017年5月13日に到来

1999年のノストラダムスの世紀末大予言は世界中で話題になりましたが、なにも起こりませんでした。

預言者の予言は、警告のためというのは聞いたことがあります。

このままでいくと核戦争になると警告をしているのでしょうか?

【画像あり】キムタクは父親似!キムタク家族写真、父親は男前、母親は美人、子供は超かわいい、嫁は???

 - 気になるニュース