気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

バカ売れ芸人の月収はいくら?

   

お笑い芸人のトレンディエンジェルの斎藤司さん、大久保佳代子さん、ヒロミさんの月収は?

「斎藤の場合は、2015年の“M-1グランプリ”で優勝して以降、月収を聞かれると素直に答えるというノリができあがりました。M-1特需で翌16年の1月には夢の100万円超えをはたし、4月には800万円、7月は300万円。その年のCM出演本数がトータル14本になったことで、今年1月には最高月収が1015万円になったと明かしています。リアルなM-1ドリームを手に入れました」

 斎藤のように漫才でのし上がり、その後にキャラが浸透したパターンは意外と生命力が強い。オアシズの大久保佳代子もそうだ。2010年には最高月収260万円と言っていたが、2013年には「離島の戸建ての土地を購入できる」価格と告白。1000万超えをはたしたことをニオわせた。

「大久保ほどのメディア出演がなく、かつ取り分が少ないことで有名なよしもとの平成ノブシコブシ・吉村崇でさえ、最高280万円の月収です。ちなみに月収をぶっちゃけた芸人で、過去最高額はおそらくヒロミでしょうね。およそ20年前のピーク時は、バブル期だったこともあり5000~6000万円だったとか。独立後、週10本ほどのレギュラー番組があったからだそうです」(前出・ライター)

 売れるまでは底辺の生活が続くものの、当たればデカい芸人稼業。売れた時の稼ぎっぷりはハンパじゃないが、それを長年続けられるのは一握りだ。

引用元:アサジョ

芸人は売れたらすごいですね。

たけしさんも19日放送の「たけしのニッポンのミカタ!」で、漫才ブームの時に年間200億円も稼いだことがあると発言していましたからね。

芸人だけではなく事務所によりますが歌手、俳優、タレントさんの月収もすごいですよね。

芸能人が引退してもまた芸能界に戻ってくるのもわかりますね。

芸能人でも売れなくなってテレビにもでなくなっても、有名人ということでパチンコ営業で稼ぐことができますよね。

ギャラは酒井法子さんがトップで130万円ほどと言われています。

江頭さんも50万円ほどもらえると記事で読んだことがあります。

パチンコ営業とは、芸能人がパチンコ店が行っているイベントなどに出向き、そこでサイン会やショーを行うというもの。芸能人をイメージとしたパチンコ台が出た場合には、それのタイアップとしてその芸能人がパチンコ店に出向くというパチンコ営業が行われていることが多い。また、パチンコ台に関わっていない芸能人においても、同様のパチンコ営業が存在する。このパチンコ営業の魅力というのはギャラが高いということであり、著名人の場合、1~2時間勤務をしたというだけで100万円以上を稼げるということも多い。落ち目の芸能人であってもパチンコ営業ならば、通常の芸能の仕事よりも多く稼げている。パチンコ営業を行っている芸能人といえば落ち目と思われるようなイメージがあるため、自身のプライドのために敢えてパチンコ営業を行わない芸能人も多いが、芸能人にとっては少しの仕事を行っただけで相当な収入を稼ぐことができ、これほど楽に稼げる仕事は無い、と言われてい。

引用元:ウィキペディア

芸能界で売れるのはほんの一握りですから、誰もができるものではありませんし、売れるためにはいろんな苦労もされているのでしょうね。

【画像あり】キムタクは父親似!キムタク家族写真、父親は男前、母親は美人、子供は超かわいい、嫁は???

 - 気になるニュース