気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

ネット上にウワサ、「在来種のアリはヒアリの定着を防ぐ」は本当か?

   

ヒアリが発見されてから、毎日のようにヒアリ報道がされています。

外来種のアリ「ヒアリ」が各地で発見され、人的な被害や生態系への影響が懸念されています。ヒアリの危険性が続々と報じられる中、ネット上では「在来種はヒアリと戦ってくれるので、むやみに殺虫剤をまくべきではない」とのウワサも流れています。

 ヒアリはどのくらい危険な生物なのか、一般家庭ではどのような対策を講じるべきなのか、また在来種は本当にヒアリと戦ってくれるのか。環境省に問い合わせたところ、アリの生態に関しては専門家でないためコメントできないとのこと。そこで、アリの生態系に詳しい日本蟻類研究会所属の准教授に取材しました。

准教授はヒアリに刺された時の危険性について「警戒はするべきですが、アナフィラキシーショックさえ起こさなければ、命を落とす危険性は少ない」とコメント。しかし、アリ塚を踏んでしまうとそれをきっかけに襲ってくるケースがあるほか、子どもが誤ってさわってしまい襲われることもあり、その攻撃性の高さから油断は禁物としています。また、刺された時の痛みは強烈で「子どもであれば泣き叫んでしまうほど」だとか。

 人的被害に注目しがちですが、それ以外にも従来の日本の生態系を破壊してしまう危険性も。また、家畜への被害や植物の根にかみつくことによる植物への影響も懸念されているそうです。

 ネット上で言われる「日本の在来種がヒアリと戦ってくれる」という話については「ヒアリは非常に強いため、勝負にならない。戦ってもほぼ在来種が負けてしまうだろう」とコメント。かつて、アメリカにヒアリが侵入した時にもアメリカの在来種はヒアリに追いやられてしまったそうです。

 今後ヒアリが日本に定着する可能性については、「なんとも言えないが、気がつくと増えていたということはあり得る。女王アリが次々見つかるようなことがあれば、その可能性はある」としました。

 ヒアリの対策について、殺虫剤をまくことはある程度有効ですが、それも抜本的な問題解決につながらないとのこと。現状、ヒアリの「弱点は無い」(准教授)そうです。

引用元:ねとらぼ生物部

私の家には庭があるので、ホームセンターに行って、フマキラーのアリ全滅シャワー液を買ってきました。

ヒアリはいないと思いますが、もしものことを考えるとこわいですね。

ネットで、誰かが、ヒアリは羽のないスズメバチのようなものだってツイッターでつぶやいていました。

ヒアリの駆除方法は、

熱湯をかける
殺虫剤などの液剤をまく
顆粒やゼリー状の毒餌を設置する

ヒアリを発見したら、まずは、熱湯や殺虫剤で確実に死んだ状態にすること。

それから地方環境事務所などに連絡してください。

【画像あり】キムタクは父親似!キムタク家族写真、父親は男前、母親は美人、子供は超かわいい、嫁は???

 - 気になるニュース