気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

高須委員長、毎日新聞の内閣支持率に疑問!

   

毎日新聞の内閣支持率が報道され、ネットで多くの意見が発信されています。

その中で、高須委員長のツイッターが話題になっています。

毎日新聞の最新の世論調査で安倍内閣の支持率が26%にまで下がり、不支持が56%にまで達した件で、高須クリニックの高須克弥院長が調査方法に異を唱えている。

https://twitter.com/katsuyatakasu/status/889406159697858562

高須院長の指摘はもっともだろう。毎日新聞の調査ではRDS法でコンピューターでランダムに数字を選び出し、調査員が電話をかけて1,627世帯から、1,073人の回答を得た(回答率は66%)。
※RDS法(ランダム・デジット・サンプリング)とは、ある一定の法則に従って市外局番と市内局番4桁の乱数をコンピューターに発生させて架電する方法のこと
スマホが普及した今は若者は家に固定電話を置かなくなっているわけで、この調査方法では年齢層に偏りが出てしまうのは避けられない。事実、数日前に行われたネット上の世論調査では安倍内閣の支持率が60%、70%、51.7%と極めて高い数値であることが確認された。

もちろんこれもまた調査対象の母集団に偏りがあることは確か。だが少なくとも高須院長の言う「スマホだと真逆の結果になると思う」という仮説を裏付けるデータであることは間違いない。
メディアは調査手法が古くなっているということに気づき、一刻も早く新しいやり方に切り替えるべきだ。今どき固定電話を持っており、しかもわざわざ時間をとって回答するのはテレビのワイドショーを見るのが趣味な専業主婦か老人ぐらいではないか。偏向報道にまんまと騙される層であるとも言える。

ネット上で情報収集していると安倍総理を応援している人が圧倒的多数のように感じられるのだが、いざ世論調査の結果がマスコミで発表されるとことごとく不利な結果になっていて驚いてしまう。
特に加計学園問題では安倍総理に有利な証言が続々と出始めて冤罪であることがほぼ確定したにもかかわらず、支持率が急落した。これは非ネットユーザーがマスコミの偏向報道に騙された結果といえよう。
安倍内閣の支持率についてオールドメディアは「26%」と報じ、新興ネットメディアは「60%、70%、51.7%」と報じる。一体どちらを信じればいいのか。統計データは嘘をつく。

引用元:netgeek

高須委員長がおっしゃることはまともなことです。

総務省のデータによれば2015年末時点で

固定電話 2508万回線
移動電話 1億6048万回線

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc252210.html

ネット世論調査では内閣支持率が50〜70%です。

ツイッターでの世論調査

239,516票

毎日新聞の世論調査
安倍内閣の支持率は26%
18歳以上のいる1627世帯から、1073人の回答を得た。回答率は66%。

ツイッターの239,516票、毎日新聞の1073人の回答
どちらが信憑性があるでしょうか?

毎日新聞は固定電話での調査、いまや、固定電話がない家も多いです。

それに、日中、家にいる新聞やTVしか見ることがない年配の方の回答が多く、それが世論調査になるのか不思議です。

偏向報道?

7/25のニュースでも、

「北朝鮮が数日以内に弾道ミサイルを発射する可能性があると、アメリカのCNNテレビが報じた。」

と報じられました。

7/25の国会の集中審議の加計学園問題、いいかげんにしてほしいと思います。

北朝鮮問題で大変な時期にある中、もっと大事なことで国民の税金を使って欲しいと思います。

加計学園問題で国会を開かせた野党の方々、この2日間でいくら国民の税金が使われたかわかっているのでしょうか?

4億円以上?も無駄にしているらしいです。

【画像あり】キムタクは父親似!キムタク家族写真、父親は男前、母親は美人、子供は超かわいい、嫁は???

 - 気になるニュース