気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

解散総選挙は今しかない!争点は、北朝鮮情勢にどう対応するか!

   

安倍晋三首相が9月28日の臨時国会冒頭にも衆議院を解散するというニュースで世間は騒がしくなっています。

なぜ今なの?と疑問に思う人も多いかもしれません。

参考になる記事がありましたので紹介します。

★今しかない理由!それは北朝鮮情勢とトランプ大統領の訪日

当然、安倍首相も「こんな時期に」という声があるがることは覚悟していたと思います。
元々、来年の秋に考えていたようですし。
なのになぜ、バッシングを覚悟してまで、「こんな時期」に前倒したのでしょうか?その理由は?

「こんな時期」というのは、
もちろん「アメリカと北朝鮮が戦争になるかもしれないと国民が不安になっている時期」ということです。

でも、よくよく考えてみると、この不安はいつまで続くかかわからないのです。

「不安になっているこの時期の解散はないでしょ!」と言っても、
「じゃあ来年になったら大丈夫なの?」ってことになる。

北朝鮮との緊張はいつまで続くのかはわからないのですね。
今年中に動きがあるかもしれないし、来年になるかもしれないし、もっと先になるかもしれない。

そんな中、「トランプ大統領の11月の訪日」(中国・韓国も来訪)、という報道がありました。

「エッ?ということは11月までは戦争はない、っていうこと?」と思いますよね。
僕もそう思いました。

そして、どうやらその可能性が高そうなのです。
なにせ、安倍首相とトランプ大統領はコミュニケーションが取れていますからね。
♪コミュニケーションが取れているというのは本当に心強い!

トランプ大統領が来日して、綿密に話し合う訳ですから
11月までは動きはないっていうことで…
それは、来年になったら動きがあるかもしれない、ということも意味しているのかもしれません。

11月までは、北朝鮮情勢で大きな動きがないとなれば…
この時期の貴重なタイミングを逃すわけには行かないのですね。
バッシングを受けるかもしれないリスクを冒してでも「今しかない!」ということなのですね。

僕の「なぜ?」の疑問が一気に解けました。

今、解散総選挙をしなければ、どのみち来年やらなくてはなりません。
来年はもっと北朝鮮情勢が厳しくなる可能性が高い、
天皇陛下のご譲位もあるし、今しかないのですね。

★今回の大切な争点とは?

この時期の総選挙ですから、争点は
「この北朝鮮情勢にどう対応するか?」
になるべきでしょうね。

そう考えると、こんなに大切な選挙はありません。
繰り返します!こんなに大切な選挙はありません!

◆国民の安全のためにやるべきことは?
◆我々の備えはこれでいいのか?
◆これから世界にどう貢献していくか?
憲法改正も争点になるかもしれません。
今回の選挙はかつてない大切なものになりそうです。

引用元:すてきdeちゅ!

今回の選挙、

本当に日本のことを考えてる人に投票すべきだと思います。

野党は北朝鮮と話し合いをしろ!と寝ぼけたことを言っていますが、話し合いが通じる国なら、拉致問題なんてずーっと昔に解決してるはずですよね。

北朝鮮は話し合いがきく国ではありません。何をしだすかわかりません。キチガイ(国のトップの方々)です。

そんな国から日本を守るには憲法改正しかないと思います。

北朝鮮の度重なるミサイルの挑発に、今の憲法では、日本は「大変に遺憾であり、厳重に抗議して、 関係各国と協議します」ということしか言えず、何もできないんですね。

ただミサイルを打ってくるのを待ってる状態、これではいつミサイルが日本に落ちてくるか、ただ、指をくわえて待ってる?状態、これが今の日本の憲法なんですね。

国民は偏向報道のメディアに流されてはいけません。

メディア、マスコミはほとんどが在日の方が牛耳っていますから。

憲法改正も大事だけど消費税が10%になったら嫌だからどこに投票しようかなって思っている方もおられると思います。

確かに自民党は消費税10%を掲げていますが、消費税10%にあげることに反対しているのは安部総理と菅官房長官だけだそうです。

でも、安部総理は消費税10%を公言していますが、今は、そう言うしかないんですね。

消費税10%にしたいのは、政府ではなく財務省なんです。

財務省は消費税10%になると天下り先がふえるので得をするわけです。

なのでなかなか消費税を上げない安部総理に苛立ち、安部叩きをして落とそうとしてるんですね。

安部叩きをしているのは中国・韓国よりの野党だけではなく財務省もやってるんですね。

憲法改正に反対している野党は中国・韓国よりの野党です。

憲法改正をしてしまったら、日本を占領したい中国は困るわけですね。武器をもつかもしれないから。

安部総理は増税しなくても、消費税を上げなくてもよいことはわかっているんですね。

それをわかってる上で、消費税10%を公言するのは、今、自分が総理から降りるわけにはいかないんですね。何が何でも憲法を改正して日本を守らなければいけないと政治生命をかけています。

安部総理は5月に働かない外国人は帰ってもらう宣言をしました。

日本だけですよ、働かない外国人に生活保護をだしてる国は。

この生活保護問題をもっと国民は知るべきだと思います。

外国人の生活保護受給についてはこちらの記事にも書きました。

税金払うのがバカバカしくなる、韓国籍(在日)の生活保護受給者が外国人の中で一番多いがこれは憲法違反

こういう無駄なお金を削っていけば、消費税10%になんてしなくてもいいんですね。

それに借金国と言われてますが、日本は資産を持っています。

資産20億の人が10億借金したというのと同じだそうです。

なぜ増税しなくても日本がやっていけるのかはこちらの動画をみればわかります。

♯37_報道特注

森友・加計学園問題でまだごちゃごちゃ言っている党がありますが、森友・加計学園は全く問題のない話です。

森友・加計学園問題をひっぱっている党は中国・韓国よりの党だとうことは見極めの1つになると思います。

もうこんな無断ことに国会の大事な時間を割く野党にはうんざりです。

野党でも日本維新の会はまともな党だと思います。

なんで支持率が低いのがは疑問ですが。

北朝鮮の動きも踏まえて、日本を守ってくれるのはどこなのかということを考える大切な選挙になりそうです。

【画像あり】キムタクは父親似!キムタク家族写真、父親は男前、母親は美人、子供は超かわいい、嫁は???

 - 未分類