気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

立憲民主党の議員は希望の党に公認されれば、希望の党にいくはずだった?

   

希望の党から排除された枝野議員は立憲民主党を立ち上げました。

民進党は28日午後、党本部で両院議員総会を開き、来月の衆議院選挙で小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」と合流する方針を満場一致で決めた。民進党の衆院議員は、離党したうえで希望の党に公認申請を行う。

民進党は候補者を擁立せず「希望の党を全力で支援する」という。

前原代表は総会の冒頭、今回の決断について「もう一度政権交代を実現し、安倍政権を退場に追い込みたい」と述べ、「理想の社会を作るため名を捨てて実を取る、その決断をぜひ理解いただきたい」と訴えた。

<強い異論や反対意見なし>

総会では特に強い異論や反対意見はなく、満場一致の拍手で提案が了承された。

前原代表は総会後の記者会見で、候補者全員が希望の党から公認を得られるよう交渉に努力すると述べた。

衆院議員が離党しても民進党は政党として存続するため、自身は民進党の代表を辞めず、衆院選に希望の党で出馬するか無所属で出馬するかは10月10日までに結論を出すとした。

民進党の参院議員や地方議員、党員・サポーターについては「衆院選が終わった後にどういう形で合流するか、一つになることを目指して努力する」とした。

景気回復まで消費増税の凍結を主張している小池代表と政策が矛盾しないかとの質問には、民進党の公約は消費増税を前提としているわけではなく、その使い道について示したものであり、「消費税に頼らないなら、新たな財源を見出す」と答えた。

選挙後の首班指名で誰を選ぶかについては「新たな党の中で、みんなで決めていく」とした。

引用元:東洋経済

>総会では特に強い異論や反対意見はなく、満場一致の拍手で提案が了承された。

とありますから、この時点では、立憲民主党の議員の人たちは自分たちも希望の党へ行くつもりだったと思われます。

しかし、希望の党からの排除され、無所属でしか出馬できなくなって、しかたなく立憲民主党をたちあげたということですね。

排除リストは一部の市場で、出回っていたぐらいですから、もちろん、民進党にも伝わっていたと思います。

辻元議員のインタビューがテレビで放送されましたが、「私は、希望の党へは行きません」と語っていました。はたからみれば、自分の信念を通したとカッコよく思えますが、党大会での時点では自分も希望の党へ行く気だったんだと思います。満場一致で承認されてますからね。
辻元議員は希望の党から排除され、行きたくても行けなくなったいうのが真相だと思います。
だから、「私は、希望の党へは行きません」ではなく、「私は、希望の党へ入れませんでした。」が正しいと思います。

インタピューでは、自分は無所属で出馬すると言っていましたが、枝野議員が新党を立ち上げたおかげで、命拾いをしたってところでしょう。

無所属で出馬することになって、やっと、辻元議員が落選してくれるかとホッとしてたのに、また、議員に当選しそうです。

立憲民主党では政調会長になってますから、比例の上位で当選するだろうと思われます。

枝野議員は、希望の党から排除された民進党出身者の受け皿として立憲民主党を立ち上げましたが、全く国民のことを考えてなく、国会議員の救済しか考えていません。

国会議員は国民の税金でなってるわけですから、そもそも党を立ち上げた理念が間違いです。

メディアが偏向報道するだろうから、また騙される国民がふえるのでしょうね。

今回の選挙の争点は、北朝鮮情勢にどう対応してくれるかですから、間違えないよう、冷静に各党の分析をしてください。

自分が投票しようとする党が与党になった場合、北朝鮮問題はどのようになるのだろうか考えてみる必要があると思います。

大事な選挙になりそうです。

【画像あり】キムタクは父親似!キムタク家族写真、父親は男前、母親は美人、子供は超かわいい、嫁は???

 - 気になるニュース