気になるニュースやお得情報

最近、話題の気になるニュースやお得情報などを紹介していきます。

大ヒット映画「君の名は。」の彗星落下は2018年に71%の確率で地球に墜落予定?

   

2018年1月3日(水)よる9時 テレビ朝日系24 局ネットにて放送された「気に名は。」ですが、2016年8月に公開され、歴史的な大ヒットをしました。

■不吉すぎる“ドクロ型天体”が地球に接近中

『君の名は。』では、1200年ぶりに地球に接近する「ティアマト彗星」をめぐって話が進むが、現実ではアニメさながらの、いやそれ以上に奇妙な自然現象が起こっている。科学ニュース「Science Alert」(12月22日付)によると、なんと、“ドクロ型”の小天体が地球に向かって突き進んでいるというのだ!


画像は「Daily Mail」より引用

ドクロそっくりの小天体「2015 TB 145」は、その姿かたちもさることながら、2015年10月31日のハロウィーンにも地球に最接近しており、ただならぬ存在感を示している。そして今回、この不吉な小天体がはやくも2018年12月初旬に地球に舞い戻ってくるということが分かり、世界中に不安が広がっているのだ。

 さらに恐ろしいことに、その直径は約700mあり、『君の名は。』に登場する「ティアマト彗星」の断片(直径40m)の15倍以上もある。もし地球に落下したら町一つが壊滅するどころの話ではない。2002年に地球に最接近した直径300mほどの小惑星「2001YB5」でも、フランスを丸ごと引き飛ばす威力を持っていたと言われているのだ。海上に落下したとしても、大津波・大地震による多数の犠牲者が出ることが予想される。

■地球衝突の確率は?

アンダルシア天体物理学研究所の研究者パブロ・サントス・サンス氏は、今回のドクロ型天体は「地球と太陽の距離の3.7倍の位置を通過する」と語っており、地球に衝突する可能性はいまのところ危険視されていないようだ。しかし、海外ネット掲示板「reddit」のユーザーの中には、71%の確率で衝突すると計算している者もいるという。ここでトカナ的な考察を加えておこう。

引用元:トカナ

北朝鮮のミサイルやら巨大ドクロ型隕石やらいつ落ちてくるかわからないってことですよね。

避難対策はしておきましょう。

【画像あり】キムタクは父親似!キムタク家族写真、父親は男前、母親は美人、子供は超かわいい、嫁は???

 - 気になるニュース